まだありました・・・恐怖心

今日は、声楽のレッスンを受けに行きました。

 

毎回のことなのですが、

 

素晴らしいレッスンをしていただいて、感激しました。

 

 

そして、今回のレッスンを通して、

 

自分の中にまだ残っている感情に気づくことができました。

 

「恐怖・不安」の感情です。

 

 

 

私は、声帯にポリープができたために、長い間歌うことができませんでした。

 

そこから今の状態になるまでには、

 

様々な問題を乗り越えなければなりませんでしたが、

 

最大の問題は、自分の中の「恐怖心」でした。

 

 

恐怖や不安は強い感情なので、

 

潜在意識に入りやすく、実現しやすい…

 

と知っても、

 

「また、声が出なくなるのではないか」

 

「もう一生歌えないのではないか」

 

という恐怖心は、なくそうと思ってなくなるものではなく、

 

なくそうと思う程にフォーカスしてしまうという状況から

 

なかなか抜け出すことができませんでした。

 

 

 

でも、今は、声が出なくなる前以上の状態になり、

 

声に関する恐怖心は、なくなったものと思っていたのですが…

 

 

 

今日のレッスンで、

 

恐怖心から、高い声を出すための充分な練習を避けていたということに

 

気づきました。

 

先生に気づかせていただきました。

 

 

 

「ああ、まだ潜んでいたんだ~」と

 

その恐怖心と向き合うことができたことをとても嬉しく思いました。

 

気づくことができれば、手放すこともできますから…。

 

 

 

また一歩前進できそうです。

 

先生に、心から感謝します。。。。

 

 

 

ちなみに、恐怖や不安の感情でいっぱいの時、

 

その感情を落ち着かせるには、深呼吸をすることをおすすめします。

 

ストレスでいっぱいの時は、呼吸がとても浅くなっていますから。

 

呼吸法にもいろいろあるようですが、

 

吐くことと吸うことを同じ長さ(カウント)ですると良いと思います。

 

 

 

そして、恐怖や不安を感じていることを、ちょっと横に置いておくイメージ

 

あるいは、

 

恐怖や不安にエネルギーが流れるコンセントからコードを抜くイメージ

 

をすると効果があると思います。

 

 

 

それから、好きなこと、ご機嫌でいられることをする。

 

夢中になれることをする、おいしい物を食べる、好きな香りをかぐ、好きな曲を聴く…

 

 

 

ネガティブなことにフォーカスすることで、

 

自分で、悩みを深刻なものにしている場合が多いのです。

 

 

 

ですから、「いい気分」でいられる時間をできるだけ長くとるようにすると、

 

驚くほど早く状況が好転することがよくあります。

 

 

 

人がネガティブな感情を持つことは当たり前ですから、

 

ネガティブなことを考えてしまっている自分に気づいても、

 

自分を責めたり、自分はダメだと思ったりしないで、

 

そんな自分も優しく受け止めてあげてくださいね。