楽で楽しい子育てのために

子どもは、

 

親に認められたい、ほめられたい、愛されたいと思っています。

 

 

この思いが満たされると、

 

子どもは、親に対して信頼を寄せるようになり、

 

親の思いを素直に受け取り、

 

自分をコントロールすることもできるようになっていきます。

 

 

 

子どもが生まれた時は、

 

それだけでとても嬉しかったのに、

 

子どもがだんだん大きくなって、

 

自我が芽生えると、

 

自分の言う通りにしないからということで、

 

子どもをマイナスに見てしまいがちになります。

 

 

 

そして、

 

「ダメ」

 

「いけません」

 

などの言葉をたくさん言うようになります。

 

 

 

すると、子どもは、

 

じっと座っていることができなくなったり、

 

物を投げ散らかしたり、

 

「いけない」ということをやめなかったり、

 

「やりなさい」ということを投げ出したり・・・。

 

 

 

そうなると、

 

親としては、

 

「この状態ではいけない…」と思い、

 

ますます

 

「ダメ」

 

「いけません」

 

「・・・しなさい」

 

といった言葉ばかり言うようになってしまいます。

 

 

 

 

子どもは、成長して変わっていきます。

 

自分なりの考えを持つようになることは、

 

成長ですから、喜ばしいことです。

 

 

 

でも、それを「勝手な行動」をとるようになったと思い、

 

許すことができないことが多いです。

 

 

 

子どもに限らず、

 

人は、自分を否定する人に信頼を寄せることはありません。

 

そして、

 

自分の思い通りになる人など、この世に存在しません。

 

誰にも、それぞれの思いがあります。

 

 

 

 

子どもを“一人前の人”と考えて接することが

 

楽で楽しい子育てに繋がっていきます。