誰かのせいで…こんなに頑張ってるのに…

かけがえのない存在

箱根から見た富士山の

 

凛とした佇まいに

 

とっても癒されました・・・。

 

 

 

このところ、

 

自分に起きている現象の原因を他の人に求めている人たちが、

 

これまで以上につらい現状になっているということがあるように感じます。

 

 

 

あの人のせいで自分は不幸せだ…

 

私は、この家のために、こんなに頑張ってきたのに…

 

私なんて、いなくなればいいと思っているに違いない…

 

 

この職場は、私がいるから成り立っているというのに…

 

私は能力があるのに、周りの人のせいで、いつも嫌な役ばかり…

 

あの人は、自分を上司として認めていないに違いない…

 

 

 

共通していることは、

 

自分に能力がある、自分は凄いんだ、自分はこんなに頑張ってきた…

 

などと主張すること。

 

他の人に認めてもらいたいということ。

 

 

 

ということは、

 

自分が自分を認めていないということなのです。

 

自分が自分を愛することができていないのです。

 

 

 

自分が自分を認めている、愛している

 

という状態の時、

 

他の人から認められなくても、

 

気になりません。

 

 

 

他の人の言った言葉は、その人の考えたことでしかありません。

 

他の人の言うことは、事実とは限りません。

 

極端な例を出すと、

 

絶世の美女といわれるほどに美しい人に対しても、

 

「ブス」と言うことはできます。

 

 

 

他の人の言うことを指針にしていると、

 

自分の中の真実が何なのか、

 

分からなくなってしまいます。

 

 

だから、

 

自分がどう感じるか、ということがとても大切なのです。

 

 

 

自分が、

 

自分に対して、

 

「よくやってきたね」

 

「これで充分だよ」

 

「私のこういうところ、好きだよ」

 

などと思うことができた時、

 

他の人の評価はどうでもよくなりますし、

 

とても満たされた気分になります。

 

幸せな気分になります。

 

 

 

自分のことを認め、愛することができていないとき、

 

自分は認められていないのではないか

 

自分には価値がないと思われているのではないか

 

といった、

 

 「恐怖心」や「不安」でいっぱいになってしまいます。

 

こういった、「恐怖」や「不安」が、

 

どんどん膨らんで・・・

 

という方たち、

 

かなり苦しい思いをされているようです。

 

 

 

そのため、

 

他の人を強く批判してしまったり、

 

理不尽なことを主張してしまったり・・・

 

 

 

 

誰もが価値のある存在ですし、

 

役割があり、

 

人生でやりたいこともあって

 

生まれてきているのです。

 

 

 

誰もが

 

かけがえのない

 

唯一無二の

 

素晴らしい存在です。。。。