才能…まずは、自分が認める

私、これといった才能はないんです・・・

といった言葉を耳にすることがあります。

 

お話を伺っていて、

その方の「才能」だと感じることをお伝えしても、

 

才能というほどのものでは…

 

才能と言えるかどうかわからないですが…

 

などという言葉が返ってきたりします。

 

 

無理もないです。

私たちは、常に、「もっと頑張れ」と教育されてきましたし、

ニュースなどで「才能」として取り上げられているのは、

日本中で、あるいは、世界で際立っているような人たちだったりしますから…。

 

 

誰にでも、好きなことや得意なことがあり、

反対にあまりしたくないことや苦手なことがあります。

 

 

自分では、

当たり前のことをしただけ、

やりたいことをしただけなどと思っていても、

誰か他の人の役に立ったり、喜んでくれたりすることって、結構あります。

それは、「才能」と言うことができるのではないかと思います。

 

 

自分を認め、大切にすることが、

自分の「才能」を伸ばすことにつながり、

 

思いのままに表現し、惜しみなく提供し合えば、

 

自分が楽しみながらしたことが、

他の人の喜びや幸せにつながり、

 

他の人が喜びとともにしたことが、

自分の幸せにつながる…。

 

 

愛と感謝でいっぱいになることでしょう。。。。