息子へ…尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです

4月だからでしょう。

このところ、育休があけて職場復帰した頃のことをよく思い出します。

 

教員でしたから、新学期のはじめ、

息子が1歳になる前に復帰しました。

 

出産前と合わせて、1年と20日間の産休・育休でしたが、

育休がなく、産休しかなかった頃の先輩方のことを思うと、

とても有り難いと思っていました。

 

それでも、

まだまだ子育てだけをしていたいと思いましたし、

こんなに幼い我が子より仕事の方が大切なのだろうか…

という葛藤もありました。

息子に寂しい思いをさせることに対する罪悪感もありました。

 

 

 

どんなに幼くても、きちんと伝えれば分かってくれると思っていましたので、

赤ちゃんの頃から、どんなことも息子に話すようにしていました。

 

急に母親がいなくなったら、悲しむだろうと思い、

復帰の日が近づくと、

「お母さんは、あと○日でお仕事へ行くよ。でも、○○(息子の名前)のことが何より大切だからね」

などと、毎日息子に話しかけていました。

 

泣きながら後追いをするのを振り払うように出かけることは、

できるだけ避けたいと思いました。

そのためにできることはないかと考え、

朝4時頃起きて、家を出る前に、

1時間半から2時間程度息子と一緒に遊ぶことにしました。

 

自分がしたいと思うことは、

無理なように感じることも結構できるものです。

 

 

一緒に遊んだ後、

「それじゃあ、学校へ行ってくるね」と言うと、

息子は、泣くことなく、「バイバイ」と手を振って見送ってくれました。

 

そして、

夕方近くになるとよく言っていたらしいです。

「こうして我慢して待っていれば、お母ちゃんが帰ってくる」と…。

 

 

 

生まれてくれてありがとう

私の子どもとして生きてくれてありがとう

 

息子を想うとき、尊敬と感謝の気持ちでいっぱいになります。。。。

 

 

そして、

寂しい思いをさせないようにと、いつも息子のことを第一に考えてくれた家族、

愛情深く、温かく見守ってくださった保育士さんたち、

子育て中の私へ温かな心配りをしてくださった職場の方々、

本当にありがとうございました。。。。