美味しく、栄養価も高いそうです…紫色のブロッコリー

思い込み

紫色のブロッコリーをいただきました。

花蕾が少し紫がかっている物は、これまでにも見たことがありますが、

こんなに鮮やかな紫の物は、初めて見たので、びっくり。

 

ゆでてみたら、緑色になったので、またびっくり。

ゆでる前を見ていない人は、

普通のブロッコリーだと思うことでしょう。

 

 

調べてみると、

紫色のスティックブロッコリーで、

イタリア野菜の1つ、“パープルスプラウティング”という種類のようです。

 

スティックブロッコリー?

 

花芽が枝分かれしやすいように品種改良されたもので、

小分けする手間がいらず、味にクセがないので、いろいろな料理に使うことができるとか…。

 

私が住んでいる地域は、ブロッコリーの産地なので、

作っている方からいただいた時に食べるという感じで、

お店で買ったことがないんです。

いつもいただくのは大きなブロッコリーなので、

この紫のブロッコリーを見て、

小さく枝分かれしているのも、珍しいな…と思ったのですが、

緑のブロッコリーでも、スティックブロッコリーというのがあるんですね。

 

紫色は、色素のアントシアニンだそうで、ゆでると緑色になるそう。

でも、マヨネーズをかけたら、少し紫色に戻ったりもして、

「緑色になっちゃった~」「紫がもどった~」

と、驚きの連続。

とても美味しかったですし、楽しい食事の時間になりました。

 

紫のブロッコリーは見栄えが悪いという理由で

これまであまり市場に流通しなかったということもあるそうです。

でも、ブロッコリーは、寒さから身を守ろうとして、緑から紫に変色するそうで、

ブルーベリーの成分と同じアントシアニンが作られることで、

甘みも栄養価も増すのだとか…。

 

「ブロッコリーは、緑がいい」という思い込み。

 

世の中、知らないことや思い込みがいっぱいだな、と改めて思いました。

でも、

だからこそ、楽しいことや感動すること、喜びもいっぱいあるのですよね。