夢が叶わなかったのは・・・

子どもの頃、ピアノを弾くことが大好きでした。

ある時期、ピアニストにあこがれてもいました。

 

でも、

私は、体も手も、とても小さいのです。

ダイナミックな演奏をするには、とても不利…。

 

次第に、自信がなくなり…

泣き言を言ったり、自分の体型を恨んだりしました。

 

 

今になってみると、

ピアニストのように弾くことはできなくても、

前職の教員としては、充分でしたし、

現在は、弾き語りを楽しみ、

コンサートでは、聴いてくださる方々に喜んでいただいています。

 

そして、

現在のヴォーカリストとしての活動につながる

歌の勉強をすることになったのも、

私の体が、ピアニストに向いていなかったからです。

 

ですから、

今では、この小さなボディにとても感謝しています。

 

 

どうしてもしたいと思っていることや

私には、これしかないと思っていることが

叶わないとき、誰もが深い悲しみを感じます。

 

でも、それは、

「あなたには、もっとぴったりな素敵なことが待っていますよ」

というサインなのだと思います。。。。