才能は誰にでもあるもの

「自分には才能なんてない」

と言われる方が多くいらっしゃいます。

 

そういう方とお話をしていると、

“才能”だと思うことがいくつか分かってきます。

 

そのことをお伝えすると、大抵は、

「えっ、それって“才能”なんですか?」

と驚かれます。

 

“才能”というのは、天才的なもの、全国、世界といった広い世界で認められる特別なもの

そんな“才能”は、私にはない…

などと思い込んでいる方が、たくさんいらっしゃいます。

 

でも、

自分が何気なくしていることで、他の人に喜んでもらえるようなことは、

すべて“才能”といえるのではないかと思います。

 

 

「こんなことは、たいしたことではない」

と思っていることが、他の人にとっては魅力的なことだということは、結構あります。

 

 

例えば、

 

食べることが好き、作ることが好き、楽しい…

などと思いながらお料理を作ったら、

それを食べた他の人が、「おいしい~」って喜んでくれる

 

自分が好きなスポーツをすることで、自分はもちろん楽しい。

そして、観ている人たちも、パワーがわいてくる… 元気になる…

 

ここがきれいだったら、嬉しいな、いい気分になりそうだな…

などと思ってお掃除をしたら、

周りの人たちまでいい気分になる

 

 

 

自分では、

「やりたいからやっているだけで、たいしたことない」と思っていることが、

他の人たちからすると、

「いや、なかなかできないよ」

「ありがたいよ~」

などと思うことって、たくさんあります。

 

こういうことは、立派な“才能”だと思います。

 

ですから、

“才能”は、何かしら誰にでもあるもので、

一人にひとつしかないというものでもないと思います。

 

 

自分が自分の“才能”を認めることで、

その“才能”は、輝きを増し、

自分だけではなく、周りの人たちをも愛と喜びの波動で包み込む・・・

 

まずは、

自分には“才能”があるのだと信頼することがスタートだと思います。