才能を発揮して楽しく・・・

才能を発揮

✦母手作りの梅干し✦

 

今年も、近所のお店に頼んで仕入れてもらった紀州の南高梅、

母の友達の家で収穫された梅、家の木になった梅と

家の庭で育てた しそを使って、

たくさんの梅干しが出来上がりました。

 

どう見ても、とても大変な作業ですが、

母は、

「今年も作ることができて、幸せ。あぁ、ありがたい!」

と言いながら、楽しそうに作業をしていました。

 

でき上がった梅干しを、友達や知り合いの人たちにあげて、

随分と喜んでもらったようです。

 

母は、芋切干しなども、毎年たくさん作り、

何人もの人にあげています。

 

 

数年前、母に、

「すごい“才能”だね」と言うと、

「そんなもの、“才能”でも何でもない…」

という返事が返ってきました。

 

でも、その後、誰にでもできるというものではないことに気づいたようで、

自分がそういった作業をするのが好き、していると楽しいということも、

はっきりと認識するようになったみたいです。

 

その後は、

作る量が増えたり、状況に合わせて新たな工夫をしたりして、

どんどんパワーアップしているように見えます。

 

そして、幸せそうです。

 

母の場合は、家族と、周りの人に食べてもらうことができれば満足とのことで、

“仕事”としてする気はないということですが、

その気になれば、“仕事”にすることは可能だと思います。

 

好きなことが“仕事”になれば、

精神的な苦痛を抱えることで起きる問題や勤務時間の問題などの多くは、

大幅に改善されていくことでしょう。

 

 

特に、今の子どもたちは、

得意なことと不得手なことがはっきりしている傾向が強く、

“枠”に収まらない自由な本質を持っていますから、

「生活のために我慢して仕事をする」

といったことができない人が増えてくると思います。

そして、何より、持っている“才能”を生かさないのは、もったいないことです。

 

 

誰もが、好きなことを“仕事”にして

楽しく、喜びの中で生きていく

そんな時代をつくるチャンスが来ているのではないかと思います。。。。