またひとつ夢が現実に・・・

8日に、関定子先生門下生の「リラの会コンサート」に出演させていただきました。

 

緊張もしましたが、とても楽しかったですし、喜びでいっぱいでした。

そして、

あることを思い出しました。

 

まだ教員をしていた頃に、

「音楽家として活躍している方たちと一緒に、演奏会に出ることができるようになったら素敵だな」

と思ったことがあったということをです。

 

確認してみると、約5年前に、

演奏家の方たちと一緒にステージに立っているビジョンが浮かんだことを

書き留めていました。

 

その時は、

演奏家として活躍していらっしゃる方たちと出会い、同じステージに立つなんて、

自分の未来としてあり得ないことのように思えましたが、

考えるほどに、“実現しない理由”を探してしまうことになりそうでしたので、

考えるのをやめました。

 

そして、それが実現可能であるならば、

ベストな方法、ベストなタイミングで実現することになるだろうと思い、

「そんなふうになれたら、素敵…」と、軽やかにそのビジョンを楽しみました。

 

 

その時から約5年が経った今、幸せに現実のものとなったことに気づき、

大きな喜びが体中をかけ巡りました。。。。

 

 

夢を叶えるために大切なことは、

執着したり、期待したりしない軽やかさと

焦ったり不安になったりするのでなく、信じ切る(疑わない)こと。

 

私たちが思考することができることというのは、

自分の知識、価値観、経験等に基づいた範囲内のことになります。

そのことが起きた時、ネガティブに感じられることが、

後になって、ベストに起きていたことだと分かることも多くあります。

時には、夢が叶わなかったからこそ、もっと素晴らしいと思える状況になることすらあります。

 

ですから、軽やかに“ゆだねる”。。。。

 

そして、現実になった時の、喜びと感謝の波動が、

また次の喜びと感謝でいっぱいになる出来事をもたらしてくれる。

 

 

ただし、この世界では、自分が行動しなければ何も始まらないので、

軽やかにゆだねた後は、

“インスピレーションに従って行動すること”も大切です。

「間違い」とか「失敗」なんてないのですから、自分の感覚を信頼して、とにかくやってみる。

 

これからも、どんな夢がどんなふうに叶っていくのか、楽しみです。。。。