何があっても大丈夫

「あの人のせいで…」

「あの人が言ったから…」

などと、他の人のせいで今の状況があると考えてしまう。

 

私もそうでしたから、気持ちはとてもよくわかります。

 

でも、今起きていることの責任は、すべて自分にあります。

 

「そうは言っても、この場合は、どう考えてもあの人が良くないですよね…」

「他の人たちも、あの人が悪いって言ってるんです」

「あの人に、少しは変わってもらわないと…」

 ・

 ・

 ・

 

こんなふうに思いたくなる気持ちも、よくわかります。

 

でも、他の人を変えようとすると、ますます苦しくなります。

他の人を変えることは不可能だからです。

できないことを頑張ってしようとしても、苦しいだけですから。

 

必要なのは、

今起きていることの責任は自分にあるのだと受け容れること。

相手に反応しているのは、自分自身なのです。

 

そして、

様々な人がいて、様々な考え方や視点があることを受け容れること。

 

人は、多様性を体験するために生きているのですから、みんな異なっていて当たり前。

地球には、約70億の人がいると言われています。

それぞれに異なる70億の人がいるということは、考え方や視点も70億通りあるということ。

想像もつかない数…70億通りの考え方や行動があるのだから、

「何でもあり」という感じでしょう。

 

今起きていることの責任がすべて自分にあること

様々な人がいて、様々な考え方や視点があるということ

これらを受け容れると、楽になります。

 

自分が自由になりたいのであれば、

まずは、他の人を自由にしてあげることが必要です。

 

誰かを「許せない」と感じている時、

自分自身のことも「許せない」状態になっています。

 

「こういう自分はだめ」

「こんな自分になったらだめ」

「こんな状況にはなりたくない」

などと思えば思うほど、それが“実現”する方向へエネルギーが流れ、

嫌だと思っている状況が現実のものとなります。

 

「どんなことがあっても大丈夫」

「何があっても、私は私」

と、すべてを受け容れようとすることで、不安に思っていることが実現しなくなっていきます。