“言う通りにする子”がいい子でしょうか?

「うちの子、ちっとも言うことをきかないんです」と悩んでいる方が結構多くいらっしゃいます。

学校や地域社会でも、「言う通りにする子が素直でいい子」と言われていたりしますので、

家庭でも、「言う通りにする子にしつけなければ…」と思う気持ちはわかります。

 

では、本当に、「言う通りにする子」にすることを目指せばよいのでしょうか?

子育てで目指していくことは何でしょうか?

 

子育てで目指すことは、

「子どもを一人前の大人として自立させる」ことだと思います。

 

そのためには、

“自立心”を育てることが大切ということになると思います。

自分で物事に対処する力を育てるということです。

 

「誰かの言う通りにすることがよいことだ」と思ってしまうと、

自立した状態から、かけ離れてしまいます。

 

 

ところが、

ずっと、「言う通りにしなさい」と言い続けて、

ある時から、

「この年になっても自分でできない」とか「いい加減自分で考えなさい」などと言い出す。

 

子どもの立場になってみれば、

大人の顔色を見ながら、言う通りにするように頑張ってきて、

急に自分で考えろ、人に頼るな、などと言われても、とまどうばかりでしょう。

できるわけがありません。

 

それで、

「自分はダメだ…」となって、自信を失っていってしまう・・・

このようなことがよく起きていると思います。

 

 

子どもを自立させたかったら、

「自信を持たせてあげる」ことが大切です。

自分を信頼する、自分を好きになるということです。

 

失敗したり挫折したりしても、

自分に価値を感じることができていれば、再挑戦にしても、別のことに挑戦するにしても、

前向きに取り組むことができます。

 

自分のことが好きなら、たとえ欲しい物が手に入らなくても、不幸とは感じません。

 

 

 

幼い子どもたちは、自分のことが大好きです。

 

そのままで充分素晴らしいのだということを伝えてあげることが、

子どもの幸せな人生につながっていくのだと思います。

 

それには、まず、周りにいる大人自身が、自分のことを、

ただ生きているだけで価値のある存在だと気づくことから・・・だと思います。