子どもの免疫力アップのために

11月も終わりに近くなり、寒くなってきました。

 

小さいお子さんって、湯たんぽみたいですよね。

 

 

教員時代、まだ仕事が残っているから、ちょこっとだけ添い寝を…

 

と思いながら、そのまま朝までぐっすり眠ってしまうことがよくありました。

 

 

 

 

私たちの全ての活動をコントロールしている「ホルモン」の働きという点からも、

 

親子の触れ合いは、

 

子どものために、様々な効果があると認められています。

 

 

 

そして、子どもだけでななく、

 

ママにも良い影響があるということがわかっています。

 

 

 

確かに、いつも癒され、元気をもらっていたのは、私の方だったな・・・

 

と思います。

 

 

 

寒くなってくるこの時期には、特に免疫力をあげたいと思うのではないでしょうか。

 

お子さんの免疫力アップのためには、

 

右脚の太ももの内側に手をあててあげるとよいです。

 

風邪をひいてしまった時、治りを早くするためにも効果があります。

 

肩から指の先までをさすることもおすすめです。

 

 

 

子どもにも触れられたくないところや、触れられたくない時があるので、

 

それは尊重してあげてくださいね。